借りるしかなかった

基本的に、一般人が破産を手続きするまで返済者本人への電話を使用しての借金取り立てと借金のある本人の家宅への直接訪問での取り立ては法律違反でないということです。

それから、自己破産に関する正式手続きに入ったあと請求までに無駄な時間が費やされてしまったときには債権保有者はなりふりかまわぬ返済強要をしてくる危険が増加します。

債権人サイドからすると清算もされないで、さらに破産のような法的な作業もしないという状態であれば団体内での完結処理を行うことが不可能だからです。

そして、中には専門家に連絡していないと知ったなら、なかなか厳しい集金行為を繰り返してくる会社もいます。

司法書士もしくは弁護士の方に助けを求めた場合、一人ひとりの債権保持人は当人に直接取り立てをやることが認められません。

依頼を把握した司法書士の担当者もしくは弁護士の担当者は案件を請け負ったという意味の書類を各取り立て会社に送り、各取り立て会社がその書類を見た時点で負債者は取立人による過激な取り立てから逃れられるのです。

取立人が勤務地や父母宅へ訪問しての返済請求は貸金業法のルールで禁じられています。

貸金業の登録してある企業であれば勤め先や親の自宅へ行っての返済要求は法に反しているのを知っているので違法であると言えばそういう類の収金を続行することはないと言っていいでしょう。

破産の申し立ての後は申立人に向けての徴集を含めて例外なしに返済請求行為は禁止になります。

それゆえ、業者からの取り立て行為がすべて消滅するということです。

しかし中には違法と分かっていながら接触してくる取り立て屋もゼロであるとは思えません。

事業として登録が確認できる業者ならば、破産の手続き後の返済請求が借金に関する法律のガイドラインに反しているのを知っているので、違反だと伝えてしまえば、そういう収金を維持することはないと考えます。

けれど闇金融という俗称の未登録の業者についてとなると、過激な取り立てのせいで被害者が増え続けている情勢です。

ブラック金融が債権者の中にいそうな際にはどんな理由があれ弁護士の会および司法書士グループなどの法律屋に依頼するといいと考えます。

借金 相談 弁護士